【スポンサードリンク】-

失敗しない大事なポイントとは…?

家庭菜園テレビ、ラジオで話題!
野菜作りのプロ・人見浩が
誰でも簡単にできる家庭菜園のポイントを紹介!
 
>> 私も美味しい野菜を育てる

 

 

土壌改良

家庭菜園 土壌改良

 

育てる野菜によって多少の違いはあるものの、
ほとんどの野菜は肥沃で柔らかく、
異物の
混入していない土壌を好みます。

 

これから家庭菜園を始めるに当たって、
まず最初に野菜が好む環境を整えるために
土壌改良を行う必要があります。

 

とは言え、そう難しく考えることはありません。
例えば土の中に埋まっている小石や土塊を取り除いたり、
深く掘り起こして天地返しを行うことも立派な土壌改良です。

 

丈夫な野菜を育てるために、
そこからさらに踏み込んだ土壌改良を試してみましょう。

 

 

土をアルカリ性にする

まず、野菜作りに適した土壌は若干のアルカリ性であると言われています。
中でも、次に挙げる家庭菜園の代表格とも言うべき野菜の大半が、
酸性土を嫌う
性質を持っています。

 

家庭菜園  土作り

  • ホウレンソウ
  • キャベツ
  • キュウリ
  • ピーマン
  • ネギ

 

他にサトイモ、ジャガイモ、トマトも酸性にやや弱いため、
これを改善しなければなりません。

 

しかし日本は雨が多くかつ酸性雨の影響もあり、
酸性土壌と化しています。
そのため、苦土石灰や消石灰で中和してから作付けする必要があるのです。

 

ですが石灰を用いるデメリットとして、
使う時期や量を誤ると野菜に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

木炭で土壌改良

そこで石灰の代替品としてオススメなのが木炭です。
木炭はアルカリ性のため、酸性土壌に対し中和作用をもたらします。

 

また他にも多数のメリットがあります。

 

家庭菜園  土壌改良

  • 土壌の保水性を高める
  • 水はけや通気を良くする
  • 肥料の持ちを良くする
  • 微生物が好む柔らかくて良質の土壌を作れる

 

いわば、万能アイテムみたいなものですね。
ホームセンターなどで入手できますから、ぜひ試してみてくださいね。


 

 

スポンサードリンク

土壌改良関連ページ

土作り
肥料
害虫
害虫駆除
防虫ネット