失敗しない大事なポイントとは…?

家庭菜園テレビ、ラジオで話題!
野菜作りのプロ・人見浩が
誰でも簡単にできる家庭菜園のポイントを紹介!
 
>> 私も美味しい野菜を育てる

 

 

実のなる野菜・果物の育て方

難しそうに思われるかもしれませんが、実のなる野菜・果物の育て方についてまとめています。中でも食卓の登場回数が多い野菜に的を当てて紹介しています。

 

実のなる野菜・果物の育て方記事一覧

家庭菜園といえば、トマトを思い浮かべるくらい身近な野菜ですよね。見た目の可愛さもありますが栄養価も非常に高く、若返りに効果があるとも言われてます。美味しくて健康にも良いトマトを、家庭菜園で育ててみましょう。育て方のポイント夏野菜の仲間でもあるトマトは、照りつける暑い日差しとやや乾燥しがちな土壌を好みます。水を与えすぎてしまうと、根腐りを起こす原因になるので注意が必要です。とは言えまったく与えなくて...

栄養価が高く見た目の可愛いミニトマトは、お弁当の名脇役ですよね。また、家庭菜園の代表格ともいえるミニトマトは、栽培も容易で、初心者向きです。おススメの品種特に、以下の品種は病気に強いので、より家庭菜園向きだと言えます。ミニキャロル千果(ちか)ココレジナと言う品種は草丈が低く支柱が要らないため、ベランダなど狭い場所でも育てられますよ。家庭菜園中級者であれば、種から栽培することも出来るのですが、最初は...

利尿作用があり体の熱を下げる効果のあるきゅうりは、夏の代表野菜のひとつですね。よく農家の方が広い畑で育てているイメージのあるきゅうりですが、実はベランダでプランター栽培することも出来るのです。きゅうりの根っこは浅く広く伸びてゆくため、ひとつのプランターに多くても2株までにとどめましょう。植木鉢に植える際には1鉢につき1株にします。苗の育て方苗を選ぶポイントきゅうりは苗から育てますが、特にプランター...

沖縄ブームに火がついて以来、珍しい野菜だったゴーヤが、ほとんどのスーパーで手に入るようになりましたよね。ゴーヤはインドを中心とした東南アジアで派生したもので、日本には14世紀末に渡来したと伝えられています。栽培が簡単!沖縄地方の暑い気候で育つ野菜ですから丈夫ですし、かつ栽培方法も比較的簡単です。少々水をやりすぎたくらいでは根腐りを起こしませんし、ウドンコ病などの病気にも強いです。たっぷりの日差しと...

夏野菜の代表格でもあるなすは、実付きが良く比較的育てやすい野菜です。なすの種類も、米なす長なす千両なすといろいろありますが、育て方はどれもほぼ同じですので好みで選びましょう。植え方種を蒔く方法と苗を植えて育てる方法とがあるのですが、初めて育てるのであれば、苗を植える方法をオススメします。本葉が4〜5枚伸びているしっかりした苗を選んでくださいね。夏に収穫する野菜ですので、早植えは避けます。夜の気温が...

収穫量が多く簡単に育てられるピーマンは、家庭菜園の代表格のひとつです。ビタミンCを豊富に含むピーマンは、料理の彩りにもいいですし、カラーピーマンは見た目の色もカワイイですよね。苗の植え付け植え付けは5月中旬〜下旬、初心者は苗から育てることをオススメします。茎が太くしっかりしたものを選びましょう。病気予防のワクチンを接種した苗もありますので、そちらを選べばより安心ですね。植木鉢に植える場合は1つに一...

春に可愛い実をつけるいちごは、子どもたちにも人気のある果物のひとつですね。スーパーでは若干高級感のある果物として扱われていますが、家庭菜園で作ることが出来れば、観賞・食用共に楽しめるのでオススメですよ。植え付けいちごは意外にも植えつけてから、収穫までがとても長い果物です。10月下旬〜11月に苗を植え付け、収穫できるのは翌年の5月ごろですから、どれだけ時間がかかるか分かると言うものです。土壌はいちご...