【スポンサードリンク】-

失敗しない大事なポイントとは…?

家庭菜園テレビ、ラジオで話題!
野菜作りのプロ・人見浩が
誰でも簡単にできる家庭菜園のポイントを紹介!
 
>> 私も美味しい野菜を育てる

 

 

きゅうり

家庭菜園 きゅうり

 

利尿作用があり体の熱を下げる効果のあるきゅうりは、
夏の代表野菜のひとつですね。

 

よく農家の方が広い畑で育てているイメージのあるきゅうりですが、
実はベランダでプランター栽培することも出来るのです。

 

きゅうりの根っこは浅く広く伸びてゆくため、
ひとつのプランターに多くても2株までにとどめましょう。
植木鉢に植える際には1鉢につき1株にします。

 

 

苗の育て方

苗を選ぶポイント

きゅうりは苗から育てますが、
特にプランター栽培するのであれば接木苗を選びます。
接木苗は根が病気に強く茎も丈夫なため、
プランター栽培にもってこいなのです。

 

中でも葉の色がよく茎のしっかりした苗を選びます。
キュウリは成長が早いので、苗を購入したその日のうちに植えつけます。
この時点で仮の支柱を立てて苗が倒れないようにします。

 

水・肥料のやり方

きゅうりはそのほとんどが水分で出来ているため、
水やりを欠かさないようにしましょう。

 

肥料は固形タイプのものを、
2〜3週間に一度与える程度で十分ですが、
直接根に当たらないように気をつけてくださいね。

 

家庭菜園  きゅうり

 

 

収穫に向けて

花が咲く前に次々とつるを伸ばしていきます。
こまめな剪定は必要ありませんが、伸びすぎたつるや、
日当たり、風通しを遮るつるは切り落としましょう。

 

まもなく黄色い花を咲かせますが、
最初はすべて雄花ばかりです。
苗が成熟し、生殖能力を得て初めて雌花が咲き結実するのです。

 

雌花の付け根部分は小さいながらもきゅうりの形をしていますので、
簡単に見分けることが出来ますよ。

 

雌花が咲いてからは数日〜1週間で収穫を迎えます。
きゅうりは生長がとても早いので、早取りしていけば、
次々に収穫することが出来ます。


 

 

スポンサードリンク