【スポンサードリンク】-

失敗しない大事なポイントとは…?

家庭菜園テレビ、ラジオで話題!
野菜作りのプロ・人見浩が
誰でも簡単にできる家庭菜園のポイントを紹介!
 
>> 私も美味しい野菜を育てる

 

 

ビニールハウス栽培

家庭菜園 ビニールハウス

 

ビニールハウス栽培は高価そうだし場所が無い、
と思う方は多いでしょう。
見た目にも結構大きいですし、何より本格的に見えますよね。

 

ですが、実際にはそんなことはありません。
高価なものですと数十万からありますが、
お手ごろ価格の数千円で購入できるタイプの物もあるのです。

 

大きさもさまざまで、ちょっとした車庫のようなものもあれば
コンパクトサイズのビニールハウスも出回っています。

 

最も小さなものは0.5坪と場所も必要としません。
中に植木鉢やプランターが入れば十分と言う方にはオススメです。

 

 

メリット

gazou2.jpg
ビニールハウス栽培における最大のメリットは、
環境の変化や外敵から、
大切な野菜を
守れることですよね。

 

しっかりしたビニールハウスであれば、
少々の台風や嵐にも耐えられますし、
実った果実を鳥に食べられる
心配もありません。

 

温度管理を出来るタイプのものであれば、
1年中野菜に適した環境を
整えることも可能です。

 

 

デメリット

逆にデメリットは換気が悪くなることと、
水は必ず人間の手で与えことが挙げられます。

 

ハウスで覆われていれば当然風も通りませんし、
雨にぬれることもありませんよね。
これがデメリットになり得るのです。

 

対策

それを避けるために小さなものは間口を開放して換気をする
大きなものは換気扇を付けるなどの対処が必要です。
また、土や野菜の状態をこまめにチェックして水を与えてあげてくださいね。

 

家庭菜園  ビニールハウス


 

 

スポンサードリンク

ビニールハウス栽培関連ページ

家庭菜園
水耕栽培
トンネル栽培
自然農法
貸し農園