大根

MENU
【スポンサードリンク】-

失敗しない大事なポイントとは…?

家庭菜園テレビ、ラジオで話題!
野菜作りのプロ・人見浩が
誰でも簡単にできる家庭菜園のポイントを紹介!
 
>> 私も美味しい野菜を育てる

 

 

大根

家庭菜園 大根

 

鍋や具沢山な味噌汁、ブリ大根に欠かせない主役の大根、
今までスーパーで購入していた人も、
次シーズンにはぜひ家庭菜園で育ててみませんか?

 

特に秋まきの大根は
比較的簡単に出来ますのでオススメですよ。

 

 

植える場所・土作り

地中深くに根を伸ばす大根は
畑でなければ育てられませんが、
その仲間であるハツカダイコンや葉大根であれば、
プランターもしくは植木鉢
で育てることが出来ます。

 

家庭菜園  大根

葉大根は直射日光と虫害に気を配れば、
種まきから収穫まではわずか1ヶ月ほどで収穫できるので、
気軽に栽培できますね。

 

大根は最初の土作りが少し大変ですが、
水はけの良い肥沃な土地だと立派なものが出来ますよ。

 

 

種まき

初秋まきの品種は8月下旬〜9月中旬、
秋まき品種だと9月下旬〜10月中旬くらいに種まきをします。

 

品種

種まき時期

初秋まき

8月下旬〜9月中旬

秋まき

9月下旬〜10月中旬

 

家庭菜園  大根

種をまく1週間前に苦土石灰を、
1uあたり1握り加え、よく混ぜ込みます。
このとき二股になるのを避けるため、
地中の小石や障害物を完全に取り除きましょう。

 

まいた後たっぷりの水を与えたら、
乾燥から守るため敷きわらや寒冷紗などで覆います。
種まき後1週間弱で発芽しますが、
その間乾燥させないようにします。

 

 

 

間引き・追肥

双葉がハート型になっているものを残し、
生育の悪いものや虫食いのものは間引きます。
間引きのつど鶏ふんを混ぜ、追肥しましょう。

 

本葉が2〜3枚のころに二本立てにして、
5〜6枚のころに一本立てにします。

 

 

収穫

葉が茂り根が太ったらいよいよ収穫です。
折れてしまわないよう、慎重に抜いていきます。

 

収穫が遅れると、
実にスポンジのようなスカスカな部分が出来てしまう(スが入る)ため、
採り遅れないようにします。


 

 

スポンサードリンク