【スポンサードリンク】-

失敗しない大事なポイントとは…?

家庭菜園テレビ、ラジオで話題!
野菜作りのプロ・人見浩が
誰でも簡単にできる家庭菜園のポイントを紹介!
 
>> 私も美味しい野菜を育てる

 

 

にんにく

家庭菜園 にんにく

 

スーパーなどで国産のにんにくを購入しようと思っても、
少々割高で悩みますよね。

 

まして一度に少量しか使わないものですから、
使い切れずに捨ててしまった、
と言う経験を持つ人も少なくないと思います。

 

家庭菜園で栽培すれば、
いつでも新鮮なにんにくが手に入りますし、
欲しいときに欲しいだけ取れるので便利ですよ。

 

 

植え付け・収穫の目安

にんにくはもともとユリ科の仲間で、
植え付けに適した時期は9月中旬〜10月上旬、
翌年の5月中旬〜6月下旬ごろに収穫できます。

 

植え付け時期

収穫時期

9月中旬〜10月上旬

翌年5月中旬〜6月下旬

 

寒冷地用と暖地用の品種がありますので、
お住まいの地域に適した品種を選んでください。

 

 

育て方

土作り

にんにくは地下で育つため、
何よりも土が大切です

石灰で中和した土に堆肥と有機肥料を混ぜ込み、耕しておきます。
畑で育てる野菜ですが、プランターでも栽培が可能です。

 

植え付け

家庭菜園  にんにく

球根をりん片ごとにばらし、
深さ5センチ、間隔を15センチほどあけて植えつけます。

 

発芽後に草丈が10センチくらいになると、
次々に脇芽が出てきますが、
これらは全て取り除きましょう。

 

春先につぼみがつきますが、見つけ次第取り除いてください。
こうすることで、より質の良いにんにくが出来ますよ。

 

追肥

追肥は秋口と冬に化成肥料を与えるか、
1週間ごとに500倍に薄めた液体肥料をかけましょう。
必要に応じて土寄せも行います。

 

 

収穫

5月ごろに葉が黄色く枯れ始めたら、
いよいよ収穫のサインです。

 

天気の良い日を選び、
根を傷つけないよう株ごと収穫します。
このとき葉も落とします。

 

風通しの良い日陰にネットなどに入れて吊るしておけば、
かなり長い間保存も利きますから、ぜひ一度育ててみてくださいね。


 

 

スポンサードリンク

にんにく関連ページ

じゃがいも
大根
たまねぎ
にんじん