MENU
【スポンサードリンク】-

失敗しない大事なポイントとは…?

家庭菜園テレビ、ラジオで話題!
野菜作りのプロ・人見浩が
誰でも簡単にできる家庭菜園のポイントを紹介!
 
>> 私も美味しい野菜を育てる

 

 

家庭菜園 冬

 

冬は家庭菜園もシーズンオフのイメージがありますが、
決してそんなことはありません。

 

ダイコンやハクサイは冬に収穫を迎えますから、
これらを育てている方は収穫時期真っ盛りですが、
他にも出来ることは実はたくさんあります。

 

 

冬のあいだに行う3つの作業

春に向けての植え付けや畑の準備など、
冬のあいだに行いたい作業は3つあります。

 

寒さに強い野菜を植える

例えばレタスは越冬させることで生育が良くなりますし、
いちごは寒い冬を超えて初めて結実します。

 

他にも寒い時期に力を蓄えて、
春になったらグンと成長するものがあります。
ホウレンソウやコマツナも、
寒さに強い品種であれば、冬場の栽培も可能です。

 

ただしいくら寒さに強いと言っても、
何もしなくて良いわけではありません。

寒冷紗、ビニールシートなどを用いて、
冷害や霜害に備える必要があります。

 

土作り

秋に収穫を終えて春に新たな野菜を育てる場合は、
土作りの期間にあてましょう。

 

家庭菜園  冬

野菜が植わっている状態では、
深く耕すことは出来ません。
しかし収穫が済んで土だけになれば、
かなり深くまで掘り下げられますよね。

 

プランターや植木鉢の土は一度全て出し、
出来れば日光に当てておきます。
このとき併せてプランター、
植木鉢を洗っておくと良いですね。

 

深い部分の土を日光と空気に当てることは、
春からの家庭菜園においてとても大切です。

 

農機具のお手入れ

土と共に、農機具のお手入れもしておきます。
汚れやサビを落とし、ガタついているものは修理しましょう。
使わないビニールシートは洗って陰干しし、次シーズンに備えます。


 

 

スポンサードリンク

冬関連ページ

種まき