【スポンサードリンク】-

失敗しない大事なポイントとは…?

家庭菜園テレビ、ラジオで話題!
野菜作りのプロ・人見浩が
誰でも簡単にできる家庭菜園のポイントを紹介!
 
>> 私も美味しい野菜を育てる

 

 

ベランダ

家庭菜園 ベランダ

 

自宅の庭が狭かったり、ハイツやマンション暮らしだと、
家庭菜園はベランダでせざるを得ませんよね。
中にはベランダしかないために、
家庭菜園そのものをあきらめた人もいるでしょう。

 

お住まいのマンションの規定によっては、
禁止されているところもあるかもしれませんが、
そうでないのならぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

 

ベランダでも野菜が育つ環境とは?

日当たりが良い

まず大切なのが日当たりです。
南向きで、出来れば日中ずっと日のあたる場が望ましいですね。
日照不足は野菜の生育を妨げてしまいます。

 

風通しが良い

家庭菜園  ベランダ

次に見落としがちなのが風通しです。
いくら日が良く当たっても風が通らなければ、
蒸れて病気の原因になってしまいます。

 

逆に当たりすぎてもしおれてしまうので注意が必要です。
特にエアコンの室外機付近は避けた方が良いでしょう。

 

 

育てる場所の注意点

ベランダ菜園をするときは、
以下のポイントをクリアした上で野菜が育つ環境を整えましょう。

 

横壁近くは避ける

育てる場所ですが、横壁近くは角度により、
日が当たらなかったり風通しが悪いことがあるため、
避けたほうが無難です。

 

手すり部分が柵のようになっていれば問題ありませんが、
コンクリート製ですと日も風も通さないので、
園芸用の台などで野菜用のスペースを作る必要があります。

 

コンクリートの上に直接置かない

床についても注意が必要で、
むき出しのコンクリートだと夏場に暑くなりすぎ、
根を痛めてしまうことがあるので注意が必要です。

 

そうならないためにも、床にすのこやウッドカーペットを敷いたり、
レンガの上に置く必要があります。

 

共用のベランダを塞がない

またベランダが共用部分になっており、
避難経路のひとつとして指定されているのであれば、
植木鉢やプランターでふさいでしまうのは避けてくださいね。


 

 

スポンサードリンク